プラステンアップのように、液体に溶かして飲むタイプのサプリは、案外水の量に気を遣います。

 

どんなものでもまずは基本とされる量で混ぜると思いますが、プラステンアップにはそのあたりの約束事はあるのでしょうか。

 

それによって、何か効果に影響が出るものなのか考えてみました。

 

 

プラステンアップの水の量

 

プラステンアップは水に溶かして飲んでもいいし、牛乳でもOKという珍しいタイプのサプリです。

 

では、溶かすのに量は関係するのでしょうか?

 

結論から言うと、水の量はどれだけでもOK。牛乳はきちっと規定の量にした方がいいです。

 

うちの子の場合、既定の水の量よりもかなり多めに入れています。

 

さらに氷などでキンキンに冷やすので、すごく見た目も薄くなります。

 

 

しかし、部活を終え、喉が渇いている状態では、さっぱり飲みたいとのことでした。

 

ほとんど味がしなくてもいいからごくごく飲めるようにしています。(運動部の口コミはこちらのページでも紹介しています)

 

ただこれが牛乳を混ぜるというお子さんは少し注意が必要かと思います。

 

というのも水は何も栄養素としては機能しないのでどんなに増えても問題ありません。

 

しかし牛乳はそれ自体にカルシウムやたんぱく質などの栄養を持っています。

 

ということは、規定量で混ぜないと、栄養摂取過多になってしまう可能性があるんですよね。

 

ただ牛乳自体は好きな方であれば、おもいっきりガブガブ飲まれていますよね。

 

昔から背を伸ばすために、牛乳を1リットルも2リットルも飲む人がいました。

 

なので、さほど気にしなくても大丈夫だとは思いますが、毎日のことになるので、少しだけ気を付けてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめると…

  • 水の場合は水の量をを気にする必要はない
  • 牛乳の場合は少し気を付けましょう

 

という感じですね。

 

プラステンアップに限らず、こういったサプリというのは続けることで効果が目に見えてくるものです。

 

お子さんが飲みやすいような水の量や工夫を施して、必ず続けることが大切です。